08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-02-19 (Sat)
うにゅ、
遅れましたが2月14日にあった立川公認のレポートを書いていこうかと思います。

2月14日、無論何の日か皆さん知っていますよね?
4年に一度しか来ないとかどっかのめ○ふみたいな言い訳はしなくていいですお(^ω^)
と言う訳で、2月14日はバレンタインデー。
この日に嫁カップリングデッキを使わないとか、甘えにもほどがあるというもの。
実際に立川で嫁デッキ使ったの俺だけでしたけどね。どんだけみんな愛が足りないのかと小一時間。

んでまあ、この酢烏賊楓の嫁カップリングは、キャラソート1位と2位を占める霊烏路空×火焔猫燐の、通称「おりんくう」と呼ばれるカップリングなわけですよ。
もうね、この二人の相性の良さはどれだけなのかと。おりんくうの可愛さはまさに核エネルギー。

そして9弾でおりんりんとくーさんがつなぎ絵として登場。VISIONでも公認カップリングとなりました。
先日Special Collection7&8の情報も出ましたしね。当然おりんくうチームも入る事と期待しています。

前置きはこの位にして、9弾のおりんりんとくーさんの相性は、ハッキリ言いますと微妙です。
おりんりんには毎ターン呪精を生み出す「ゴーストタウン」と言うスペルがありますが、それをくーさんの能力で焼いても、ノード2のカードまでしか除去する事が出来ません。
そしておりんりんを使うデッキは、すなわち妖精デッキでしょう。妖精は必要ノードが低いカードが多く、くーさんの能力は自分のカードを“破棄”して破壊効果を発動するので、呪精との相性も良くないです。
無論、くーさんの効果は自分のカードも決死状態に出来るので、最悪と言うわけではありません。ですが、2枚のディスアドバンテージを背負ってまで呪精を出しても、あまり旨味はないでしょう。

じゃあ、どうすればこのつなぎ絵となったおりんりんとくーさんを上手く使う事が出来るのか。

これを考えに考えた結果は……。



……ぶっちゃけ妖精デッキに普通にくーさんと十凶星突っ込めば普通に強いからいいんじゃね?



妖精と十凶星は、呪精を冥界に落とすのに利用したり、妖精を多く冥界に落としてそのまま「夢枕にご先祖総立ち」の効果を引き上げるのにも使えます。
無理に二人をシナジーさせようとしなくても、くーさんと十凶星は単体で十分な力を持っているので、特に拘らずにそのままデッキに突っ込んでみましたとさ。

此処までデッキ内容説明。それでは試合内容の方へ。




【立川】
>1回戦 森角琉さん ○○- ビート型のグッドスタッフと言う印象
1戦目:呪精ちゃんとおりんりんでちまちま削って勝ち。レッツ、アンデッド☆ワールド
2戦目:呪精とサニーで無限ブロックしてデッキアウト勝ち。

>2回戦 由紀ちゃん ○×× シルフィミステリ
1戦目:向こうが勝手に自爆する((
2戦目:シルフィミステリ乙
3戦目:シルフィミステリ乙

>3回戦 akamiさん ○×○ 死霊復活ビート
1戦目:ゴーストタウンで呪精増やしておりんりんで割って削る。後はスターとかで押し勝ち。
2戦目:倒せる状況でもないのに総立ちぶっぱして意味不明の負け。
3戦目:おりんりん、くーさん、ゴーストタウン、十凶星=勝ち確




……実際、妖精でブン殴ってるだけなので試合内容が薄いですね((
そう言えば↑で俺以外嫁を使わなかったと言いましたが、訂正。akamiさんが魂魄妖忌を使ってました。

全体的なまとめとして、ゴーストタウンは思った以上に強いカードでした。
そりゃまあ、基本的に1ターンに1度、無コストでキャラクターを生み出すカードなのですから、弱いわけはありません。
ただ、このカードの最大のネックは、効果を使うと自分のターンはキャラクターをプレイできないところにあります。
逆に言えば、そのデメリットさえ上手く帳消しに出来れば、ゴーストタウンの数だけ毎ターン呪精を増やしていけます。
そうすると、自分の手札の妖精全てに「奇襲」を持たせる「ルナチャイルド」との相性は凄まじいもですね。
おりんりんが出ている限り、相手のライフを最低でも3ずつ削っていけます。まるで九字刺し((

あと今回、基本的にデッキに必須とされる「マナの生成」は1枚も入れませんでした。
妖精の立ち回りは、少ないノードで全て賄えます。事実、デッキにノード4以上のカードはおりんりんとくーさんだけです。
現状「くるみ」の採用率が比較的高く、一発殴ってもらえればグレイズが貰える上に、1ノードで打てる「神秘の卵」と言うカードも存在します。
低コストデッキなら、マナの生成を入れるよりも、パワーの高いカードを入れた方がいいんじゃないかという結論に達しました。


今度のSpecial Collectionでは、ゴーストタウンを使ったユニオン「死体繁華街」が登場します。
1ターンに1度、呪精3体か冥界のキャラクター1枚を蘇生させるという、効果自体は異常なほどに強力なカードです。
しかもユニオン素材が「ゴーストタウン」+「呪精3枚」なので、ゴーストタウン1枚で死体繁華街の素材を揃える事も可能です。
3月13日のSpecial Collectionまで、ゴーストタウンの扱いに慣れて、上手く使って行けたらなーと思います。

もちろんおりんくうユニオンもね(^ω^)


【おりんくうデッキ Ver:9,01】

3 霊烏路 空(9弾)
3 火焔猫 燐(9弾)

1 サニーミルク(1弾)
2 サニーミルク(9弾)
3 ルナチャイルド(9弾)
3 スターサファイア(9弾)
2 大妖精
3 呪精
2 リリーホワイト(9弾)
2 リリーブラック(9弾)

3 死符「ゴーストタウン」
3 焔星「十凶星」
2 表象「夢枕にご先祖総立ち」
1 想起「テリブルスーヴニール」
(※地霊殿一家全スペル ^ω^)

3 神秘の卵
3 是非曲直庁の威令
3 強引な取引
2 紅葉狩り
2 香霖堂
2 作戦阻止
2 ゾンビごっこ



(おりんくうの愛の伝導師 酢烏賊 楓)
スポンサーサイト
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。