05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-11-05 (Fri)
こんばんはー佐倉由紀です。

早速第1回アタイの最強!デッキ作成講座を始めていきたいと思います!

あ、読んでない人はこちらを初めによんできてねv
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1615300609&owner_id=22192503




今回のお題はスタンダードグットスタッフ。
自分の一番得意な所から始めようかなというわけですねw
グスタは他にも紹介したいデッキがあり、まずは基本的な構築をしたグットスタッフを紹介したい為、スタンダード<基本的>という名分けをしました。



グットスタッフ。いわゆる『単体で優秀な能力を引き出せるカード』で構築されたデッキになります。
他のカードとのシナジーを考慮せず、1枚1枚のカードパワーで闘える為、ハンドが少なくなろうとも、TOPドロー勝負になろうとも、強力な1撃を繰り出せる特徴があります。

反面カードコストが全体的に重い為、ノードが不足しがちになる場合もあります。
普段はマナチャージ、相手側打点からのグレイズからハイコストの強力なカードで力を押し通す形になります。




ではグットスタッフの説明も終わった所でデッキ構築の方を





・キャラクターカード
キャラクターの枚数は約16~20枚、内戦術『マナチャージ』を持つキャラクターを8~10枚組み込む形が主流です。

今回のマナチャージキャラ構成は
3 サニーミルク
3 アリス・マーガトロイド<5弾>
3 霧雨魔理沙<1弾>
の9枚で構築します

同じマナチャージを持つキャラクターで雛<7弾>や永琳<5弾>等がありますが、前者はマナチャージ毎に1ダメージを受け、後者は魔理沙と比べて速効でない分マナチャージが1回遅いという特徴がある為上記のような採用になっています。

マナチャージではありませんが、玉兎のような1ノード1コストで3回だけ疑似マナチャージを行えるキャラクターも優秀ですが、重コストであるグスタは初速よりも安定したノード供給が必要なので今回は不採用となります。



次に、デッキの火力役である大型キャラクターカード
3 古明地 こいし
3 西行寺 幽々子
2 綿月 豊姫
2 符ノ壱 "八雲 紫"
1 八坂 神奈子
の11枚

メイン火力は古明地こいし、目標耐性のおかげで離反や各種単体除去は効きませんし奇襲隠密のおかげでブロックもされにくいという高スペックキャラです。なにより可愛いよね((

キャラ除去能力持ちの幽々子と紫、幽々子はノード0~4までのキャラクターを除去し(食べ)ます。決死耐性のあるキャラクターには除外能力持ちの紫を。
幽々子も紫も場に出すだけで基本アドバンテージが稼げるカードなので優秀です。火力事体は低いのですが、複数並ぶとそれなりの火力になり、相手側ブロッカーを除去してからメイン火力で叩くというような役割もできます。

世界呪符と呪符の除去は神奈子で。各種ロックや、薬系、離反割などの受け身状況に応じて役割を持てるので、基本冥界から結社等で回収してプレイする形になると思います。

ここまでの構築ですと5弾構築で組めるのですが、7弾で優秀なキャラクターが参入しました。綿月豊姫は指定範囲をプレイヤーやプレイヤー、冥界、手札とする<☆表記>カードを『相手ターン中』2コストで無効にできるという能力があります。
☆のカードは意外にも多く、強引な取引や因幡の素兎、シュート・ザ・ムーン等を無効にすることができ、場に出した時に相手に苦い顔される事も多いです。ただ、相手側ターン中のみの起動効果になりますので、こちらのターン中に使われたコマンドカードを無効にすることはできません。
6ノード2コストで5/6のスペック、耐☆パーミッション能力、グスタではおまけですが場に出た時除外ゾーンのキャラをデッキに戻す能力持ちという事で2枚採用しました。




・スペルカード
3 光撃「シュート・ザ・ムーン」
3 死符「ギャストリドリーム」
の6枚。

スペルカードは能力が強い分、術者キャラクターがいない場合でのコストが重いという特徴があります。
ハイコストであるグスタの構築においてスペルカードはあまり多くない方がいいです。3~6枚が安定、多くても8枚くらいがいいでしょう。

幽々子を採用しているので、基本除去のギャストリドリームを採用。2枚程でも足りるかもしれませんが、0コストでプレイできた場合のアドが大きいので3枚で構成しました。
普段は幽々子を場に出している状況で0コスト単体除去として使います。幽々子が場に出ていない場合に除去したいキャラを出された場合は、焦らずノード状況を見て余裕があるようなら3コストで使用しましょう。

シュート・ザ・ムーンは魔理沙を3積みしている場合の優秀なハンデスカード。相手の大型キャラをハンドから除去し、コスト分ダメージを与えるので0グレイズ火力としても利用できます。魔理沙がいない場合は無理して打つ必要はないんので、ノードと相談しながらプレイしましょう。





・コマンドカード
3 強引な取引
3 流星祈願会
3 是非曲直庁の威令
3 作戦阻止
3 マナの生成
3 秘密結社
3 春乞いの儀式
2 離反工作
1 恐ろしい波動

の24枚


ドローソースは取引と祈願会。強引な取引は安定のドローソースです。
手札をボードアドに変換、足りなくなった手札を流星祈願会で補充するという流れが綺麗な流れです。

パーミッションは阻止威令の6枚構成、単体除去が多く、紫に対して特別弱いという構築ではないので瞋怒を採用していません。
文が流行っている環境では阻止を削って瞋怒を採用する事をお勧めしますが、入っていなくてもサイドのカタディや閉ざされた瞳でどうにかなると思います。

構築したキャラクターのコストを抑えてあるので群青の祟り神ではなく秘密結社を3積み、相手ターンディスカードフェイズでの秘密結社から奇襲こいしや、ギャスト用に幽々子回収、呪符対応に神奈子回収など様々な状況に応じてプレイしていくカードです。

春乞いの儀式は7弾で参入した優秀なマナチャージ焼きカード。使うと強い使われると憎い、そんなカード。
サニーミルク、玉兎が主な目標ですが。ルーミアやキスメを焼ける事にも注意。ぶっちゃけるとハロウフォゴットンワールドでのロックも春乞いの儀式が入ってるだけで解除できるっていう。(ぬえ効果でゴットンが1ノード1コスのキャラになる為)
生成サニーから次のターン相手側マナチャージを春乞い→ノード加速した分で取引祈願会→セットから魔理沙シュート!!(これでかつる。

ひとつだけ不安なのが春乞いと幽々子の相性があまり宜しくないという事。
春乞いして相手のマナチャージを焼いた後幽々子で食べるキャラが相手側にいるかどうか。
そういう場合は春乞いの枠を闇符「ディマーケーション」に変えてみると強かったりします。

離反工作はこのデッキの切り札。5コストを支払い相手側の大型を攫ってしまうマジキチカード。
呪符なので神奈子で割られ、恐ろしい波動で割られ。高コスト&コマンドなのでパーミッションに弱いのですが、それでも刺されば完全に場を有利にできます。






グットスタッフはキャラ16~20、スペル3~8、コマンドを24~26程で構築されます、ドローは必然と強くなるはずなのでいかにノードを効率よく使うかが重要となってきます。


デッキ構築編は以上、ここまで読んでいただいてありがとうございます。
プレイングについてもっと詳しく描きたいのですが、今回は予想以上に長くなってしまったのでこれにて一旦終わりたいと思います。
次回はグットスタッフのプレイングを解説しようかなと思ってます。単純なようで色々書きたい事あるので更新はちょっと後になるかもです。


mixiより転載
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1615809631&owner_id=22192503
スポンサーサイト
| 考察 | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。